打設直後に水中養生を開始できるポーラスコンクリート
(即養POC)の開発

実験1 セメントペーストの物性確認


特殊混和材を混和したセメントペースト

セメントペーストにツヤがあり
練りサジからの剥がれが良い

比較用の水中不分離剤を混和したセメントペースト

セメントペーストにダマができ
練りサジからの剥がれが悪い

鉄板に特殊混和材および水中不分離剤を混和したセメントペーストを塗布し,水に浸漬

水を軽くかき回しても,いずれの
セメントペーストも溶け出さない。

浸水したセメントペーストを直射日光の下 自然乾燥

水中不分離剤を混和した
セメントペーストは表層剥離

特殊混和材を混和したセメントペーストは練混ぜによる均質性が良く,水中不分離剤を混和したものよりもミキサおよび運搬車への付着が少なくなることが予測され,かつ練混ぜ直後のセメントペーストを水に浸漬しても,セメントペーストが溶け出さないことが確認できたため,特殊混和材=即養材とし,実験2以降使用する。


実験2 即養POCの施工実験


暑中期の打込み直後の上面や打重ね面への水の噴霧(散水養生)により,セメントペーストの乾燥による付着力の低下の改善が期待される。

Top


実験3 圧縮強度試験


加圧底面はペーストキャッピングで,上面はアンボンドキャッピングで試験を行った。
材齢7日で13.9N/mm2を発現していることから,駐車場や土間の厚さを20cm以上確保できれば,実用できると考えられる。

Top


即養POCの施工実験【作業性(とりあえず自分たちでやってみた)】


表層用POCの敷均し→コンパネ踏固め

即養材を添加したG10-5のPOC
空隙率20%

うかつなことに打設完了後の写真を撮り忘れたが(^_^; 意外と施工素人でも,なんとかなるじゃん

Top


即養POCの施工実験【POCの種類】


前回施工したPOCをユンボでひっぺ返し,新たに骨材の大きさを変えて施工

実機ミキサでの練混ぜ量が0.2m3と少なく,前バッチの生コンの影響でどの配合も目づまり気味( ̄。 ̄;)

Top


即養POCの施工実験【締固め】


実は実施工が決まっていて,施主さんのお好みは板の上からしっかり締固め

Top


即養POCの施工実験【経時変化】


板を踏んで締め固め,その後水を噴霧した
練混ぜ開始から90分後でも作業できたが,凝結遅延剤の添加率がX%では多かったのか,4時間後でもまだ骨材をさわると剥がれた

Top


即養POCの実施工【M様邸】M様の駐車場に合計24.0立米出荷させていただきました


この日は【経時変化】の実験をした日よりも涼しく,凝結遅延剤の添加率をC×0.6X%にして出荷
2日間に分けて出荷する予定だったが,1日で完成
泥や落ち葉などで目づまりすることなく,いつまでも透排水してくれますように

「敷均す」というと,土木や建築外構ではビブロをイメージする方が多いのかな(ぼくもそうです)。
小学校や中学校のグランドを平らにしてた「グランドローラー(整地ローラー)」を使ったら,締固めしすぎないかなぁと,施主さんのおじさんがおっしゃっていました。

Top